脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアを治療【ゴッドハンドで痛み無し】

女性

辛い腰痛対策

女性

一般的には、椎間板ヘルニアが知られていますが、でべそや脱腸もヘルニアです。痛みがあり、辛い症状は、椎間板ヘルニアです。痛みがあり日常の仕事や家事等の生活に影響がある場合には、病院で治療しましょう。早めの治療が良いでしょう。

Read More...

手術しない治療法

女性

腰椎椎間板ヘルニアは腰に痛みや痺れを発生させる病気となっており、悪化してしまうと動くこともままならなくなります。そのため、身体に異変を感じたら病院で治療を受けるようにしましょう。

Read More...

ヘルニア治療

女性

ヘルニアの治療方法として、今後はヘルニア手術が一般的な治療方法になってくると予想されます。またそのヘルニア手術を受ける時には、名医に任せるのがオススメです。そしてヘルニアの特徴は腰や首などで起きやすく、しびれや麻痺などの症状が出ることです。

Read More...

間欠性跛行を呈する疾患

女性

間欠性跛行を呈します

腰椎は、腰を骨格的に支持しているだけではなくて、下肢を神経的に支配している場所でもあります。そうした腰椎による下肢の神経的な支配が、円滑に行われていると、下肢にさまざまな症状が起こります。日本の現在の社会は、高齢者が多いのですが、この高齢者に多発するのが、腰部脊柱管狭窄症です。腰部脊柱管狭窄症は、腰椎椎間板ヘルニアと同様に、下肢に痛みとシビレの症状が起こる疾患です。しかし、腰部脊柱管狭窄症の場合は、間欠性跛行という、腰椎椎間板ヘルニアにはない症状があります。間欠性跛行とは、短時間であれば歩行できるものの、長時間歩行することが出来なくなる症状です。したがって、間欠性跛行を呈する場合には、腰部脊柱管狭窄症である可能性が高くなります。

患者さんに優しい治療

このような症状を呈する腰部脊柱管狭窄症ですが、その治療法の原則は保存療法です。以前までは、いったん進行した腰部脊柱管狭窄症は、改善しないと言われていました。しかし、MRIなどの検査技術の発達によって、椎間板の変性などが、改善することが分かったのです。また、MRIなどの検査技術の発達は、病態の把握にも大きな貢献を、果たすようになりました。例えば、現在の患者さんの腰部脊柱管狭窄症の状態が、保存療法の適応かを、判断し易くなったのです。そのため、これまで手術療法を行っていたような状態でも、保存療法で済むようになりました。このように検査技術の発達は、患者さんに優しい保存療法の拡大に繋がりました。今後は、こうした検査技術がさらに進んで、より患者さんに優しい治療が可能になると予測されます。